メニュー
Home » ニュース » ホルミシス臨床研究会 臨時学術講演会
ホルミシス臨床研究会 臨時学術講演会
2013/11/16

 

 先日、東京にある衆議院第二議員会館にて、ホルミシス臨床研究会が主催する臨時学術講演会に参加しました。講演会には、議員連盟学術員よりDoss Mohan氏(米国)に来ていただき「放射線の安全性のパラダイムを変更せよ」という題で低線量の放射線は体に有益な効果をもたらす事や、LNT仮説によって多くの人々が放射線について間違った知識を持っていてそれを払拭する必要性があることや、原子力発電の安全性について等のお話していただきました。米国でも非常に権威のある博士なので今後世界でも低放射線ホルミシスという治療法が知れ渡る日が近いかも知れませんね。

 そして、臨床研究会より川島朗先生、水上治先生もお越しいただいて、低放射線ホルミシス臨床事例を紹介していただきました。この治療法で、ガン、糖尿病、慢性関節リウマチ、気管支喘息等の難病に効果的という事例が次々と出てきているということです。

 このニュースで正しい知識を紹介してますが、少しでも多くの方に見ていただき現実を知ってもらいたいと私自身が思い紹介してきて、この日更新する意味を再確認できました。今後もネットを通して皆様に知っていただき放射線に対する意識が変わっていただけたら幸いです。最後に臨床研究会理事の村田様とDoss Mohan氏と写真を撮ったので載せておきます。


 

 

 

TEL:054-366-2301 〒424-0037静岡県静岡市清水区袖師町45-1
Copyright(c) 2007 - 2019 有限会社 渡辺商店 All rights reserved.
TOTAL: (Today: Yesterday:)